TOPページへ>買い時

ソーラーパネルの買い時はいつ?

太陽光発電システムに興味があるので、ソーラーパネルの設置を検討しているという人もいるでしょう。安い買い物ではないのでなかなか決断には至らないという人は、買い時がいつかで悩んでいるのかもしれません。パソコンのようにすぐにもっと性能の良いものがでるのではないかといったことや、もう少ししたらもっと安くなるのではないかといったことを考えている人もいるでしょう。しかし、ソーラーパネルを購入するときには、別の視点も大切になります。

安くなると言っても、もともとが高いものなので、それよりも初期費用をいつ回収できるかということのほうが重要ですし、補助金制度というものも頭に入れておく必要があります。さらに余剰電力の買取制度についてもチェックしておきましょう。それらのことを考えると、買い時というのは早ければ早い方が良いのです。まず、初期費用の回収ということを考えてみましょう。購入にはたいてい200万円前後かかると言われています。

もちろん安いものもありますが、一定の性能を求めるのならば、ある程度の出費は考えなければいけません。その初期費用を回収するのに10年から12年かかると考えておくと、結局は早めに設置して運用していったほうがいいのです。遅くなれば遅くなるほど、初期費用の回収も先延ばしになりますし、なにより制度が変更されることにも注意をしなければいけないのです。とくに補助金制度と余剰電力の買取制度については、最新の情報を知っておく必要があります。

補助金制度というのは、国がソーラーパネルの購入時に費用を支援してくれるものです。国以外でも、各都道府県、各市区町村が独自に行っている補助金制度もあります。ですから、住んでいる地域によっては最大で3つの補助金を受けることができます。各地方自治体が支給しているものでは、予算枠が決められている先着制になっていることもあります。その点について考えてみても、やはり買い時は早ければ早い方が良いと言えます。

年度末になってしまうと予算枠が埋まって申し込みが締め切られることもあるからです。余剰電力の買取制度についても、買取額が年によって下がることも考えられます。契約期間中は最初に契約した時点での金額で買い取ってもらうことができます。初期費用の回収という点を考えても、補助金が受けられた方が負担は少ないですし、高い値段で買い取ってもらうことができるほうが短い期間で回収ができるはずです。そこで、買い時は早めの方が良いということになるのです。

一括見積りサイトを使って価格を細かく比較しよう!

パネイル
パネイルに見積り請求
タイナビ
タイナビに見積り請求
ソーラーパネルの比較に便利な一括見積りサイトは下をクリックすれば見れます!
↓↓
太陽光発電の一括見積りサイトランキング 2015年最新版!