TOPページへ>雪対策

雪対策は必要?

太陽光発電システムは、光をエネルギーに変換することで発電するシステムですので、曇りや雨の日の発電量は減少してしまいます。また、モジュールの上に雪が積もってしまうと発電量が下がってしまいますので、頻繁に雪が降る場合には対策をしておく必要があります。雪が積もったとしても、その後すぐに溶けてしまう場合には問題はありませんが、いわゆる雪国での太陽光発電システムの設置には、施工販売店のアドバイスを聞きながらシステム構成を決めていく必要があります。

基本的には、雪が頻繁に積もるような地域では、通常よりもモジュールの傾斜の角度を急にし、約35度〜40度にして施工を行います。また、パネル1平方キロメートル当たり300kgの積雪にも耐えられるようなモジュールもありますので、そのような商品を勧められることもあるかと思います。

また、それぞれのモジュールメーカーにおいても雪対策がなされたモジュールがラインナップされていて、雪が積もりにくい表面になっていたり、逆に一気に雪がらかしてしまう危険を避けるための加工がしてあるモジュールもあります。

実際に太陽光発電システムの設置が完了した後でも、雪かきを頻繁にするようにしたり、冬場は安全のため発電をあきらめるケースも、実際にはあるようです。しかし、北海道の一部の住宅メーカーでは、屋根ではなく壁面への太陽光パネルを設置するケースもあり、屋根に取り付けた場合と同じ程度の発電量を確保することができるとされています。

太陽光発電システムを取り付ける建物の強度が著しく不足している場合でない限り、日本において施工ができない場所はありませんので、極端に心配する必要はないかもしれません。しかし、できる限り効率よく発電するパネルやメーカーを選択することは、購入後の発電量にも影響してきますので、非常に重要なポイントになると思います。

地球環境のことを考えたり、万が一の震災時に自宅で発電するメリットを考えて太陽光発電に興味を持たれていると思いますが、雪が頻繁に積もるような地域においては専門の施工販売店への相談は不可欠になります。

多くの施工実績をこなしてきた企業であれば、強引な勧誘をすることなく適切なアドバイスをしてくれることと思います。そのような施工販売店を探すためにも、一括見積もりサイトなどを活用して、一度、優良施工販売店の中から見積もりを取ってみるのもいいと思います。見積もりサイトの良い所は、実際に購入を決めていない場合でも、気軽に見積もりを依頼しアドバイスを受けることができる所にあります。

一括見積りサイトを使って価格を細かく比較しよう!

パネイル
パネイルに見積り請求
タイナビ
タイナビに見積り請求
ソーラーパネルの比較に便利な一括見積りサイトは下をクリックすれば見れます!
↓↓
太陽光発電の一括見積りサイトランキング 2015年最新版!