TOPページへ>性能比較

ソーラーパネルの性能の比較

ソーラーパネルの設置を検討するときには、その性能について比較しておく必要があります。太陽光発電システムでは、発電効率や耐久性といった違いによって値段も性能も変わってくるからです。発電効率に関しては、そのまま発電量に直接関わってくる部分になります。同じ規模の太陽光発電システムを導入しても、発電効率の良いものを使っているほうが、全体の発電量は多くなるので初期費用は高くなっても、将来的にはお得だと考えることもできるでしょう。

そして、ソーラーパネルの性能を比較するときには、パネルの種類の違いによる長所や短所を知っておくのがいいでしょう。一般的に多く使われているのが、シリコン系のものになります。シリコン系でも単結晶と多結晶タイプがあり、ほかにもアモルファスタイプとのハイブリッドのものを採用しているメーカーもあります。シリコン系単結晶タイプは、発電効率が高いのが特徴になります。その反面、価格も高めで高温で機能が低下することがあると言われています。

いっぽう、シリコン系多結晶タイプは、単結晶タイプよりもコストパフォーマンスが良いのが特徴です。性能を比較すると、発電効率などで若干劣ると言えますが、それでもいろいろなメーカーで採用されています。高温で発電効率が低下しやすい傾向があります。この高温で機能が低下するのを防げるのがハイブリッドタイプのものになります。まだ採用しているメーカーはそれほど多くはありませんが、発電量の低下を防ぐことができるぶん、値段が少し高めです。

そのほかにも、商品化されているものとして化合物系のソーラーパネルがあります。それがCISと呼ばれるもので、国内のメーカーで採用されています。性能については、単結晶や多結晶タイプに比べて変換効率が数パーセント落ちると言われていますが、薄型にできることと値段が安いのが特長になっています。技術的にはシリコン系よりも化合物系のほうが変換効率を高めることができると言われていますし、シリコンを使わないほうが値段を抑えられます。

これからソーラーパネルの購入を検討しているならば、性能において比較しておきたいポイントは、変換効率と最大発電量、それに値段とのバランスになります。もちろん、単結晶か多結晶か、あるいはそれ以外かという点にも注意をしておきましょう。性能と価格とのバランスは、自分の予算とも関係してきます。値段が安ければ性能は落ち、性能が高ければ値段は高くなるので、そのなかでもお得なものを探していくことになるのです。

一括見積りサイトを使って価格を細かく比較しよう!

パネイル
パネイルに見積り請求
タイナビ
タイナビに見積り請求
ソーラーパネルの比較に便利な一括見積りサイトは下をクリックすれば見れます!
↓↓
太陽光発電の一括見積りサイトランキング 2015年最新版!