TOPページへ>断熱効果

ソーラーパネルに断熱効果はあるのか?

ソーラーパネルを設置するときに、発電以外のメリットとしてよく断熱効果があげられることがあります。これは、屋根に設置することで直射日光を吸収したり、外部に熱を出さないということで期待できるメリットになります。そもそも太陽光発電システムの仕組みは、太陽の光を電気に換えることになります。ですから、普通の屋根だとそのまま熱として屋根の温度を上昇させる太陽の光を、その前に吸収して電気にしてしまうというわけです。

そのため、それまでは屋根の熱によって部屋まで暑くなっていたのを防ぐことができるのです。実際のデータでも、夏には天板の表面温度が50℃を超えていたという家で、ソーラーパネルを設置したあとに計ったら10℃以上低くなっていたというケースがあります。これは、そのまま部屋の温度が上がるのを抑えてくれるので、冷房の使用頻度や設定温度にも良い影響を与えるはずです。そうすれば、電気代の節約にもなると考えていいでしょう。

また、冬場は熱を吸収して外に逃さないという断熱効果が期待できます。実際の表面温度のデータでは、8℃ほどだった天板の表面温度が5℃以上上昇しています。やはり部屋が冷えるのを防いでくれる働きがあるというわけです。ですから、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができるような効果が期待でき、そのことでエアコンを使用する回数を減らして電力消費量を低下させることにつながり、電気代がさらにお得になるということなのです。

もともと電気を自宅で作って使用することで電気代などの経済的なメリットがある点が魅力として語られていますが、それに加えて断熱効果によって夏場や冬場の生活にも変化が生まれるのです。なかでもエアコンを使うときには、家庭内の電化製品でもっとも電力を消費すると言われています。基本的には、太陽光発電システムで作った電力ではまかなえない部分として、ソーラーパネルの設置以前と同様に電気代を支払って使用していくことになるのです。

そのことを考えれば、エアコンの使用頻度を抑えることができれば、消費電力を大幅に低下させることができますし、それによって夏場や冬場に電気代が増えるぶんも抑えることができるのです。電力消費量が増える季節でも、効率よく電化製品を使っていけば、余剰電力を買い取ってもらうことができますし、設置費用の回収期間も短くすることができるでしょう。このような発電以外のメリットによっても、エコや電気代の節約につながるのです。

一括見積りサイトを使って価格を細かく比較しよう!

パネイル
パネイルに見積り請求
タイナビ
タイナビに見積り請求
ソーラーパネルの比較に便利な一括見積りサイトは下をクリックすれば見れます!
↓↓
太陽光発電の一括見積りサイトランキング 2015年最新版!