TOPページへ>災害時

災害時のソーラーパネル!

ソーラーパネルを設置しようと検討している人のなかには、災害時のことを考えて興味を持ったという人もいるかもしれません。たしかに、太陽光発電の魅力としてあげられることには経済的なメリットもありますが、非常用電源としての役割も大きなものだと言っていいでしょう。とくに東日本大震災以降は、太陽光発電が大きな注目を集めるようになりました。停電した地域も多くありましたし、その後の計画停電の混乱なども話題になりました。

電力会社から供給される電力がとまっても、自分の家で発電することができれば停電も怖くありません。とくにテレビが使えることで、災害時でも最新の情報を手に入れることができますし、携帯電話の充電なども、もしものときには必要になることもあるでしょう。そして、なにより電灯の明かりがあるということで安心できるという人もいるはずです。夜間は発電ができなくても、充電可能な電池があれば懐中電灯やラジオなどを使用することができます。

あるいは、蓄電池の設備があれば昼間作った電気を夜間に使用することも可能になります。災害時にこまるのはライフラインが絶たれてしまうことで、ソーラーパネルによる太陽光発電ができるならば電力を確保することができます。水の供給が絶たれたときは買ってくることができますし、給水車からもらうことも可能です。しかし、電気の供給が絶たれたとなると簡単に外から替えを持ってくることができないというわけです。

実際に停電になったときのソーラーパネルによる太陽光発電の活用法を見てみると、まずはパワーコンディショナの設定を自立運転モードに切り替えなければいけません。パワーコンディショナは、家庭用に電力を変換してコンセントへと供給しています。停電時にはコンセントへの供給が自動的に停止します。そこで自立運転モードに切り替えると、専用のコンセントから電気が供給されるようになるのです。これが非常用電源となります。

自立運転用コンセントでは、すべての電化製品を使っても大丈夫だというわけではありません。上限が1500Wとなっているので、接続するときの容量には注意が必要になります。エアコンやオーブンレンジは使用を避けたほうが良いと言われています。1度にたくさんの機器を接続するときも注意しましょう。テレビでも大型のものはメーカーによって使えたり使えなかったりすることがあります。日没とともに使えなくなりますし、使用中は天候にも注意を払っておく必要があるでしょう。

一括見積りサイトを使って価格を細かく比較しよう!

パネイル
パネイルに見積り請求
タイナビ
タイナビに見積り請求
ソーラーパネルの比較に便利な一括見積りサイトは下をクリックすれば見れます!
↓↓
太陽光発電の一括見積りサイトランキング 2015年最新版!