TOPページへ>設置費用

ソーラーパネルの設置にかかる費用は?

ソーラーパネルの設置にかかる費用というのは、パネル本体の値段だけではありません。太陽光発電システムとして機能させるには、ほかの機器や工事費なども必要になるからです。システム全体でかかる費用としては、安いもので170万円前後、高いもので270万円を超えると考えられます。ただし、設置する規模や補助金によっても実際にかかる費用は違ってきます。まずは見積もりを出してもらって、自分が住んでいる地域ではどれだけの補助金が受け取れるかも確認しておきましょう。

具体的な例をあげてみると、まず1番高いのがソーラーパネルのモジュールになります。これを何枚設置するかによって、発電量も費用も変わってきます。一般住宅に設置する太陽光発電システムとして3.5kWのものを考えるならば、だいたい20枚ほど設置することになります。1枚75000円とするならば、150万円が必要になります。それに加えて、パワーコンディショナ、発電モニター、ケーブルやほかの機器、設置架台なども欠かせない設備になります。

さらに工事費として、屋根に取り付けるための架台設置工事、ソーラーパネル本体の設置工事、電気配線のための工事が必要になるのです。これらを合計していくと250万円前後はかかることになると考えられます。そこで、補助金制度を利用することになるのです。このケースで国と都道府県、市区町村の3つの補助金が受けられるならば、70万円から80万円ほど還ってくると考えられます。そうすると、設置費用は180万円前後になるというわけです。

これでも高額だと考える人もいますが、ソーラーパネルの設置を検討するときには、その設置費用だけで高い安いを考えるだけではいけません。なぜならば、太陽光発電システムを導入することによって得られる経済効果があるからです。自分の家で使う電力を自分の家で作ることができるので、電気代の節約ができるようになります。そのうえで、使わなかった余剰電力を買い取ってもらうことができるようになるのです。この売電の制度も魅力だと言えます。

確かに設置をするためには大きな出費がありますが、太陽光発電システムを導入することによって節約できる電気代と、売電によって得られる収入を考えると、10年から12年ほどで元がとれるのだと言われています。ただし、規模や性能、環境といった条件によっても変わってきます。性能がよいシステムを導入しても、くもりが多い地域では効果的に発電できません。その反対で、日照時間の長い地域ならば、もっとはやく回収できるケースもあるというわけです。

一括見積りサイトを使って価格を細かく比較しよう!

パネイル
パネイルに見積り請求
タイナビ
タイナビに見積り請求
ソーラーパネルの比較に便利な一括見積りサイトは下をクリックすれば見れます!
↓↓
太陽光発電の一括見積りサイトランキング 2015年最新版!